ドラマ

ハコヅメ藤の異動理由をネタバレ!過去の秘密も徹底調査!

ハコヅメ 藤 異動理由 ネタバレ
Pocket

戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが主演のドラマ「ハコヅメ」が放送されていますね。

ハコヅメは警察ドラマですが、クスッと笑えるシーンも多くあり、交番でのおまわりさんの笑いあり涙ありのリアルな日常がわかると評判で大人気です。

ハコヅメで戸田恵梨香さん演じる藤は、警察学校を首席で卒業したほど優秀で、刑事課のエース刑事でしたが、訳あって交番へ異動してきました。

パワハラが原因で交番へ異動してきたとされていますが、過去に何らかの秘密があり、別の異動理由があるのではないか・・・と考えられます。

交番への異動理由について気になってきますよね!

今回は、「ハコヅメ藤の異動理由をネタバレ!過去の秘密も徹底調査!」と題してネタバレ情報について紹介していきます!

 

ハコヅメ原作ネタバレ藤の過去の秘密とは?

今回は、ハコヅメでメインテーマとなる秘密に迫っていきたいと思います!

 

ハコヅメ藤が持っている写真に秘密がある?

ハコヅメドラマ4話の交番勤務の中で、ロッカーから1枚の写真がポトリと落ちるシーンがありました。

少し年季の入った写真には、藤と一緒に永野芽郁さん演じる川合に似た雰囲気の女性が写っているようです。

ムロツヨシさん演じる伊賀崎は、交番での勤務中に藤に「そろそろ川合くんに君から話した方がいいんじゃないか?」とも話しており、この写真の女性が川合にも関係しているのではないかと推測されます。

この女性がハコヅメの物語の中でも重要な人物であることは間違いないです。

伊賀崎は、どうやら秘密を知っているようですね。

 

ハコヅメ藤がロッカーに置いている段ボールの中身は?

交番のロッカーにおいている段ボールの中身も、この秘密と関係してると考えられます。

この段ボールには刑事課にいた頃の未解決の事件の資料が入っており、その資料を交番勤務になっても持ってきているのです。

交番勤務になっていますので事件について捜査の権限はありませんが、時間があるときに個人で事件の捜査を進めているようです。

ドラマのタイトルにもなっているハコヅメですが、この交番においてる段ボールと関係があると言われています。

ハコヅメのハコは交番と段ボールを意味しています。

また段ボールはハコヅメではかなり重要な意味をあらわしており、「ハコ」に「詰められた(ヅメ)段ボール」と考えられます

ハコヅメのタイトル自体が、交番への異動理由である過去の事件を表していると考えると、また少し見方が変わってくるのかもしれません。

段ボールの中身が気になりますよね~。

 

ハコヅメ藤の交番への異動理由をネタバレ!

ハコヅメには漫画の原作があり、原作ネタバレとなってしまいますが、藤の交番への異動理由を紹介していきたいと思います。

 

ハコヅメ藤の異動理由はパワハラじゃない?

ハコヅメでエリート警察官の藤が交番へ異動してきたのは、パワハラが原因と周りでは噂されています。

性格は、「正義感が強い」「洞察力が高い」「後輩思い」「自分の意見を主張できる」「ちょっと寂しがり屋」「人との適切な距離感を保てる」で下位職に対してパワハラしそうな性格には見えませんね。

パワハラの噂は、仕事のできる彼女へのやっかみが原因ではないでしょうか?

第8話で、交番への異動理由は、同期の女性警察官の桜の事件の解決のためだということが判明しました!

 

ハコヅメ藤の異動理由は未解決事件の犯人逮捕のため?

ここからはハコヅメ原作の漫画の内容について紹介していきます。

ハコヅメドラマでは違う展開の可能性もあるかもしれませんが、ネタバレになりますのでご注意ください!

ハコヅメ藤の交番への本当の異動理由は、「未解決の事件の犯人逮捕のため」なのです!

未解決の事件とは、同期である「桜しおり」が交番勤務中に遭遇したひき逃げのことです。

桜は、この事件で一命をとりとめたものの、警察官としての復帰は難しそうです。

桜が勤務していた交番は、なんと町山交番だったのです!

ひき逃げ事件の犯人は逃走し今でも逮捕されていません。

当時から藤は、この事件を「守護天使」の犯行として探っていたものの、情報が少なく誰にも賛同してもらえず正式な捜査には至りませんでした。

川合と同期の桜が「小柄で短髪」で雰囲気も似ているため、女性警察官を狙った「守護天使」が再び交番勤務の新人女子である川合を狙って事件を起こすのではないかと思っているようです。

新人女子の川合をおとりにして、「守護天使」が再び現れるのを待っているのでしょうか?

「守護天使」が転居していなければ、町山交番の川合を狙う可能性は十分あるのではないかと思います。

 

ハコヅメ未解決事件の犯人は守護天使?

ハコヅメのひき逃げ事件の犯人と思われる「守護天使」とは一体何者なんでしょうか。

ハコヅメで「守護天使」とは古くから、町山交番の管内にたびたび出没しているおじいさんです。

交番の女性警察官をひたすら凝視しているおじいさんで、職質を何度も受けていますが、名前や住所などは明らかになっていません。

かなり怪しい人物ではあるのですが、交番の新人女性をみているだけで、危害を与えてくることはないので「守護天使」と呼ばれるようになりました。

桜は、毎日「守護天使」にみられており、本当に不気味な存在ですよね。

警察官である以上交番から離れることはできないでしょうし、変に女性警察官に興味をある

けど危害は加えないというおじさんが実際にいたら、、、ちょっと怖いですね。

 

ハコヅメ犯人の使用していた車は白い軽自動車?

第3話では、藤が有給をとって「同期と女子会に行く」と言って、事件の捜査をしていましたね。

そのときに調べていたのが、白い軽自動車でした。

おそらく事件を起こした車は、白い軽自動車であり、町山交番付近で不審な車がないか地道に捜査しているものと思われます。

事件の犯人につながる情報でこれから鍵を握っていくテーマになりそうですね!

 

まとめ

今回は「ハコヅメ藤の異動理由をネタバレ!過去の秘密も徹底調査!」についてまとめました。

ハコヅメ藤の異動理由とは、原作ネタバレ情報から、同期の桜が巻き込まれたひき逃げ事件であることがわかりました。

事件の犯人を自分の手で逮捕したいと思っており、これが町山交番への本当の理由だったのですね。

刑事課から交番へ自ら志願して異動してくるなんてことは普通はありえないでしょうから、藤と桜の関係も非常に強いものがあったのですね。

最終回で登場するひき逃げ犯とはどのような人物なのでしょうか?

今後の展開に注目していきましょう!