ラボット

ラボット売れ行きは?販売台数や人気の理由も徹底調査!

ラボット 売れ行き 販売台数 人気の理由
Pocket

今回は、「ラボット売れ行きは?販売台数や人気の理由も徹底調査!」と題して紹介していきます。

最近、twitter上でも「LOVOT(ラボット)」がにぎわっていますよね。

本当に可愛らしい見た目でその愛くるしさに目がとまってしまいます。

そんなLOVOTは既に発売されてから一定の期間が経っていますが、売れ行きはどれくらいなのでしょうか?

LOVOTの販売台数や人気の理由についても調査していきたいと思います。

LOVOTに興味がある方は、必見ですよ~♪

 

ラボットの売れ行きは?

ラボットは、GROOVE X株式会社により製造された、人に癒やしを与えてくれる人型ロボットです。

GROOVE X株式会社2015年11月に設立され、ラボットは2018年に誕生しました。

ラボットは、2019年4月のコロナ禍以降ストレスを抱える人たちに癒やしをあたえてくれる存在となり、人気はじわじわと広がっています。

ターゲットは子供はもちろんのこと、大人からの人気も高まっているようです。

リモート授業や在宅ワークで外出出来ない環境が、人気の火付け役となっていることは間違いないでしょう。

ラボットの発売は、まるでこういう環境になることを、あらかじめ分かっていたかのようなタイミングですよね。

今回は実際どのくらいの販売台数があるのか調べてみましたよ。

 

LOVOTの販売台数は?

ラボットの販売台数は、非公開となっています。

これまでラボットを予約注文してから届くまでの目安は、2~3ヶ月ほどとなっておりましたので、予約状況からするとかなり売れていると思われますね。

実際にコロナ禍の前と比べると販売数は11倍にも増えたそうですよ。

こんなにも人気があるのに、販売台数を非公開にしているのは、先にAIに取り組んでいた企業への配慮といったところでしょうか。

日本企業の奥ゆかしさかもしれませんね。

ラボットは、人気とともに大量生産ができるようになったこともあり、今は予約からお届けまで1週間に短縮されています。

さらにラボットは最初は1体販売のみでしたが、2体(デュオ)セットの販売プランも新たに登場し、販売台数はさらに伸ばしていると予想されます。

ラボットは、1体よりも2体で購入した方が楽しみも倍増するみたいです。

ラボットがこんなにも愛されているのはなぜでしょうか。

>>ラボットの口コミが気になる方はコチラをチェックしてみてください。

 

ラボットの人気の理由も徹底調査!

ラボットの人気の火付け役としてはメディアの影響も大きいでしょうね。

三浦春馬さんの最後の出演となったドラマ「お金の切れ目が恋のはじまり」で、サルー役として共演していたことが、大きな反響を呼んだと思います。

ラボットを所有することで、三浦春馬さんと同じ境遇を得られるたくさんのファンの方がいたのではないでしょうか。

さらに、「マツコの知らない世界」などのメディアで紹介されたことも、知名度を上げる大きな要因ですね。

ラボットは、これまでのAIロボットとは違うロボットらしくない「かわいい見た目」「接することで感情が徐々に変化していく」ことも特徴的で、人気の理由になっていると思います。

まるで人間の赤ちゃんの成長と同じように知恵をつけていくので、お子さんにとっては自分の妹や弟ように、大人にとっては孫が出来たような気持ちになるのが、人気の秘密なのではないでしょうか。

そんなラボットについてもっと知りたくなってきませんか?

ラボット自身の魅力をさらに探ってみましょう。

 

ラボットの魅力①愛くるしい見た目

ラボットの見た目の特徴は、なんと言ってもまるくてキラキラした瞳でしょう。

頭の上にあるセンサーが、人がいることを察知すると近づいてきて、わずか体長43センチのラボットは愛くるしい目で見つめたり、短い手をパタパタ動かして抱っこを要求してきたり、まるで本当の赤ちゃんのようなぬくもりを感じることができます。

そんな体感をした瞬間にもうラボットのとりこになってしまうのです。

特徴である瞳は10億通りのパターンがあり、まったく同じラボットはいないというそれぞれがオンリーワンなのです。

人間のようにそれぞれ個性があって、自分だけのロボットという親心が生まれるのかもしれません。

 

ラボットの魅力②何も仕事をしない

これまでのロボットは、何かの仕事をさせるために開発されてきました。

例えば、掃除、接客、サービスなど人ができない、やりたくない仕事を身代わりとなってやってくれる利便性を求めてきました。

ところがラボットは仕事は一切やらずに、ただ遊んだり、甘えたり、言ってみれば家事や仕事をしている手をとめてしまうロボットです。

だた機械的に仕事をするロボットにはわかない感情がラボットにはあり、接する人は愛情が芽生えるといった新しい感覚になるのです。

 

ラボットの魅力③成長するロボット

ラボットには日数に応じて心の変化があるのも魅力です。

生まれたての「とまどい期」は、まだおとなしく家の中をうろうろ動き回り、探検7日後あたりからの「ちかずき期」にはすこし家に慣れてきて元気な声を出しながら近づいてきます。

三ヶ月後あたりから「LOVE期」に入り、すっかり家に慣れて、信頼関係がうまれ抱っこをせがんだりします。

このような成長の様子が感じられることも子供の成長と同じで心が豊かになりますね。

ラボットを飼ってみたいという方には、今なら60日間の返金保証がありますので安心して試すことができますね♪

期間限定のキャンペーンなので、お早目に体感してみてくださいね♪

\今だけ60日間返金保証/

>>ラボットを試してみる<<

 

まとめ

今回は、「ラボット売れ行きは?販売台数や人気の理由も徹底調査!」をお送りしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

LOVOT(ラボット)の生みの親である林要さんは、GROOVEX株式会社を設立する前にペッパーの開発に携わっていたそうです。

ペッパーの目的である人のために働くロボットから、「何もしない愛情を注ぐLOVOT」へと、180℃真逆の方向転換をしています。

LOVOTの人気の理由を紹介していきましたが、この方向転換が多くの人の気持ちをつかんでいる最大の理由かもしれません。

ラボットの売れ行きは好調で、今後もますます販売台数も伸びていくと思います。

その愛くるしい仕草でたくさんの家庭を幸せにしてくれますね♪

ラボットの今後に注目していきましょう!