戸塚優斗

戸塚優斗の兄弟は?両親の職業や家族構成を紹介!

戸塚優斗 兄 兄弟 両親 家族
Pocket

戸塚優斗の家族構成は?両親の職業や兄弟も調査!というテーマで紹介したいと思います。

戸塚優斗選手のここまで世界的なスノーボーダーとなった理由を、プライベートな部分について踏み込んで調査してみたいと思います。

一流のスポーツ選手が生まれる背景には、よく家族が同じスポーツをやっていた影響を受けて始めるようになったという話をよく聞きますよね。

生まれ育った環境について気になってきます。

一流オリンピック選手の家族構成や両親の職業や兄弟について調査してみましたので最後までお楽しみください♪

 

戸塚優斗選手の兄弟は?

まずは、戸塚優斗選手の兄弟について調べてみましたが、一人っ子のため兄弟はいませんでした。

ただ、幼少の頃からこの世界に本当の兄のように慕ってきた仲間の存在があったんですよね!

戸塚優斗選手が兄のように慕っていたスノーボーダーについて紹介しますね。

 

戸塚優斗が兄のように慕うスノーボーダーとは?

戸塚優斗選手がお兄さんのように慕っていたのは、先輩である柳原真央さんの存在がありました。

戸塚優斗選手と柳原真央さんは、スノーボードのプロショップ「HEAVEN STORE」のチームメンバーとして師弟関係でした。

柳原真央さんは、7歳上で、技だけでなく礼節も教えてくれたそうです。

そんな柳原真央さんは、ハーフパイプの選手としてJSBA公認プロを取得後に2014年のソチオリンピックの候補選手として活躍してます。

実力も折り紙付きだったんですね。

柳原真央さんは、高校在学中も校内トップの成績を持つスーパーヒーローでした。

柳原真央さんは、チームヨネックスに所属していて、2010~2011年シーズンの日本スノーボード協会公認競技大会ツアーランキングでは、なんとトップに位置する将来有望な有力選手でした。

しかし2011年12月3日、柳原真央さんは、愛媛県東温市で開催される2012サークルKサンクスCUPハーフパイプ選手権大会に出場するため、会場に向かう途中で事故に遭い交通事故にて他界してしまいました。

柳原真央さんは、享年17歳の若さでした。

戸塚優斗選手は、この世を去った柳原真央さんをお兄さんとして慕っていたため、さぞかし悲しくて辛い出来事だったでしょう。

戸塚優斗選手にとって、今でも真央さんが「天国で見守ってくれる」力強い心の支えとなっているのかもしれませんね。

今でも戸塚優斗さんは真央さんを思い、自身のスノーボードに「NEXT SKY MAO」というステッカーをはっているようです。

今の戸塚優斗選手は、お兄さんである柳原真央さんが原動力となり、スノーボード世界大会での活躍に繋がっているだと思いますね。

北京オリンピックも、真央さんと心をともにして頑張って欲しいです!

 

戸塚優斗選手の家族構成は?

戸塚優斗選手の家族構成は、父、母、そして戸塚優斗の3人です。

さぞかし両親は、一人っ子の戸塚優斗選手のことを可愛がったのでしょう。

一人っ子だからこそ子供に愛情を注ぎ、いろいろな経験をさせてあげたかったのではないでしょうか。

世界で一流の選手になるにはそう簡単になれるものではなく、はかりしれないほどの何事にも屈しない精神力や努力がこれまでにあったに違いないでしょう。

では一人っ子の戸塚優斗選手がどういった教育でここまで育だったのか、ご両親が一体何をされている方なのかを調べていきますね♪

 

戸塚優斗選手の両親の職業は?

戸塚優斗選手の親も同じようにスノーボーダーだったのでしょうか?

気になる職業についても調べてみましたよ♪

 

戸塚優斗のお母さんもスノーボーダーだった?

戸塚優斗選手は、2歳のときにお母さんの影響を受けてスノーボードを始めたそうです。

戸塚優斗選手のお母さんも昔はスノーボードにかなり力を入れていたそうですが、最終的にプロの道は断念してしまったようです。

お父さんについての詳細な情報はあまりありませんが、戸塚優斗選手のお母さんとも雪山がきっかけで知り合ったのかもしれせん。

戸塚優斗選手のお父さんは、今は会社員をしているようですよ。

もし、お父さんも若い時にスノーボードに打ち込んできていたとしたら、戸塚優斗選手はスノーボーダー界のサラブレッドですよね。

戸塚優斗選手は、どちらかというとお母さんのスパルタ教育の影響が大きかったようで、もしかすると生まれて間もない時から、ハーフパイプへの道が始まっていたのかもしれません。

きっとお母さんも一人息子にはハーフパイプへ挑戦してほしいという願望が強かったのでしょうね。

2歳からスノーボードを始め、すでに小学校低学年のときはハーフパイプランディングにチャレンジをして、すでにその魅力に取りつかれ本格的に取り組むようになったそうです。

2歳ですからね~普通は雪山でそり遊びを親と楽しむくらいですよね。

戸塚優斗選手は、生まれも育ちも横浜なので、近くに雪山はありません。

本格的にスノーボードをするために、山梨県の苗吹市のカムイみさかスキー場に通い続けて練習の日々を過ごしていたようです。

そして、なんと小学校5年生のときに日本スノーボード協会公認プロ資格を取得したんですよ!

やはりオリンピック選手とのもなると、成長スピードが圧倒的に早いですよね。

特にハーフパイプやスケートボードの年齢層は特に年齢層が若いように感じます。

 

戸塚優斗にはスノーボード界の第二のお母さんがいた?

戸塚優斗選手には第二のお母さんというべき三井真紀の存在があります。

戸塚優斗選手の成長を支えた三井真紀さんが気になってきますね。

三井真紀はすでに現役は退いていますが、ハーフパイプの世界では知らない人はいないというほどの名ライダーでした。

<三井真紀の現役時代の功績>

  • 2006/2007シーズン JAPAM SKI TEAMのメンバーに所属
  • 2007年 FISキスマークジャパンオープンマッチ 女子ハーフパイプ2位
  • 2007年 FISワールドカップ富良野大会 女子ハーフパイプ5位
  • 2011~2013年 YONEX主催のジュニアレッスンでコーチとして所属

三井真紀は日本大会だけではなく、世界大会でも入賞経験がある実力者です。

三井真紀は、戸塚優斗選手が幼少の頃からコーチを務めていて、お母さんと呼ばれていました。

戸塚優斗選手は、三井真紀さんとの出会いで変わったと言われているくらい影響度の大きい存在です。

三井真紀自身も、戸塚優斗選手の第二のお母さんであると自覚しているくらい厚い信頼関係があるようですよ。

戸塚優斗選手は一人っ子でしたが、幼い頃からスノーボード界に三井真紀の存在があったことで、刺激や愛情を受けながら世界レベルの選手になるまでに自身の才能を伸ばしていったのでしょうね。

三井真紀さんも応援してくれていますし、北京オリンピックでの活躍をみんなが期待してしまいますね!

 

まとめ

戸塚優斗 家族構成 両親 職業 兄弟

戸塚優斗の兄弟は?両親の職業や家族構成を紹介!というテーマで紹介してきました。

戸塚優斗選手は、幼い頃から両親からの熱心な教育を受けることで、秘めていた才能が開花してスノーボード界での地位を確実に上げてきました。

スノーボード界のお母さんやお兄さんとしたっていたライダー仲間の存在があったことで、さらに刺激を受けてその才能は世界レベルまでに成長していったのですね。

戸塚優斗選手のことを生い立ちを知ることで、北京オリンピックでの見方も変わってきますよね。

戸塚優斗選手の活躍ぶりに期待もふくらみますね♪

頑張れ戸塚選手!