ドラマ

海街チャチャチャのチャチャチャの意味は?タイトルの決め方は?

海街チャチャチャのチャチャチャの意味は?タイトルの決め方は?

今回は「海街チャチャチャのチャチャチャの意味は?タイトルの決め方は?」についてまとめていきます。

韓国ドラマの「海街チャチャチャ」が大人気ですね!

タイトルの「チャチャチャ」の部分はどのような意味なのでしょうか?

タイトルの決め方についても、調査してみました。

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

 

海街チャチャチャのチャチャチャの意味は?

ここからは海街チャチャチャのチャチャチャの意味は何なのかについて、まとめていきます。

 

海街チャチャチャのあらすじは?

海街で暮らす人々にスポットを当てたストーリーとなっています。

歯科医のユン・へジン(シン・ミナさん)は都会で暮らしていましたが、急に海街に住むことになりました。

勤務先の院長と診療方針の意見の違いでもめてしまい、トラブルの末にソウルを去ることになってしまったのです。

そんな時、海辺の田舎町コンジンを訪れ、偶然ドゥシク(キム・ソンホさん)に出会い、助けられました。

ソウルで歯科医を続けられないと思ったヘジンは、海街のコンジンで心機一転、歯科医を開業することになります。

最初は海街での生活を嫌がっていましたが、海街で暮らす人々やドゥシクとの出会いで変わっていく様子がみどころとなっています。

 

なぜ海街チャチャチャというタイトルになった?

「海街」というのは、海辺の町コンジンでの物語ですので、そのままだと思います。

「チャチャチャ」という部分は、「チャチャチャ」がラテン音楽のリズムの一つでキューバ起源のダンスリズムです。

ドラマのストーリーには、ダンスやリズムが出てくるわけではないですし、主人公がダンサーというわけではありません。

 

海街チャチャチャのタイトルの決め方は?

海街の雰囲気がダンスリズムのチャチャチャみたいだと感じ、「海街チャチャチャ」というタイトルに決まったようです!

チャチャチャという響きがかわいらしいですし、覚えやすい気がします。

まさか、雰囲気でこのタイトルが決められたとは知らなかったので、驚きました!

 

海街チャチャチャの原作映画とタイトルを変えたかった?

海街チャチャチャには原作の映画があります。

原作映画とタイトルを変えたかったので、この「海街チャチャチャ」という題名にしたとも言われています。

原作は「ホン班長」という映画で、2004年に公開されています。

登場人物の名前、職業、性格など、主な部分は同じ設定のストーリーです。

原作と違う部分は海街全体を視点に制作しているとのことです。

確かに海街のさわやかさが表れていますし、「ホン班長」よりも「海街チャチャチャ」の方が若い女性に人気のドラマになりそうなタイトルだと感じました!

 

まとめ

今回は「海街チャチャチャのチャチャチャの意味は?タイトルの決め方は?」についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

チャチャチャには特に深い意味がないのですが、リズミカルで覚えやすいいいタイトルだと感じました。

タイトルの決め方も興味深かったです♪

原作映画のタイトルと全然違うので、驚きましたが、「海街チャチャチャ」は親しみやすいタイトルで、人気ドラマになりましたね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。